朝活ネットワーク名古屋20200127

日本の幕末の歴史に学ぶ強さの秘密

歴史好きで特に幕末が好きな私が、幕末の志士の強さの秘密を語りました。江戸時代、文武両道が武士の鑑とされました。中国・明の時代の儒教の一派・陽明学が起こりました。明の役人・王陽明が起こした学問・陽明学。王陽明は武人でもあり、戦いも非常に強い文武両道の人物でした。 その点でも陽明学は日本で発展する素地がありました。日本では近江聖人・中江藤樹によって日本で江戸初期に広められ、日本人の思想に深く入り込んでいきました。陽明学の教え、致良知。良知を致す。人間にはもともと善悪是非を判断できる能力は備わっている。日常生活の中で心を磨くこと。自分の心を内観し、小さな善を積み重ねること。そうすることで心が喜び、良知が発揮される。幕末の志士は陽明学を学び、それが強さの秘密となった。昨年、陽明学の研究家である 林田 明大(Akio Hayashida) 先生の名古屋で開催された勉強会に参加し、今まで興味はありましたが知らなかった陽明学について知る機会を得ることができました。私の今までの人生の話を織り交ぜながら、陽明学を学んだ人物を紹介しつつお話しました。

朝活ネットワーク名古屋20180528

僕の人生と朝活から得たもの

2013年から朝活の主催者を引き継ぎ、5年近く運営を続けてきた宮崎さん。毎週違うゲストをお招きし、毎週20〜30人の参加者を集めるのは、容易ではないこと。時には参加者同士のトラブルもある。本業の仕事が忙しくて体力的に辛い時もある。それでも朝活の運営を続ける(やめられない?)宮崎さんの、朝活ネットワークに対する思いや、人生に大きな影響を与えた出来事をお話しいただきました。

朝活ネットワーク名古屋20170626

朝活を200回開催してわかったこと

私の生い立ちから朝活ネットワーク名古屋を引き継いで、私が朝活からどのような影響を受けて、私の人生がどのように変わっていきつつあるかをお話ししました。たくさんの方の話を聴いて、素直に学ぶ。職場でもない、一つの楽しい空間サードプレイスとしてこれからも運営していきたいと思います。

朝活ネットワーク名古屋20160208

朝活と私

私の生まれ育ちから名古屋に来て朝活に参加するまでと、「朝活ネットワーク名古屋への思い」をお話させていただきました。 今の私の原点は故郷の大阪府寝屋川市の元気な本音の文化である大阪的雰囲気と日本がバブルに向かって進んでいく時代。 20歳の時に兵庫県西宮市で阪神大震災に遭遇した体験です。 皆さんにお話し忘れたことがあるので追記します。 阪神大震災で私の住んでいたアパートで共に被災して、旅立ってしまった二人の方はうちのアパートで一番夢をもっていた先輩と一番性格がいい奴でした。 なのでその時、僕は気持ちの整理がつきませんでした。 今でもつきません。 「神様っているのかな?こんなひどいことが世の中にあるのか?」 いつ何が起こるかわからないからこそ、「今」を楽しみ、「今」を一生懸命生きよう!と思うようになりました。 震災から20年たった今もあの時の「やるせない気持ち」はずっと残っています。