LINE公式アカウントで何ができるの?どう使えば効果的?個人事業主でも活用できる?

朝活ネットワーク名古屋20201116

進行役:前畑明子

【内容】世界で2億1,700万人、国内では8,600万人もの月間アクティブユーザーを抱えている巨大メッセージングアプリ「LINE」。LINE公式アカウントの月間アクティブ数は24万件、サービス出始めの8年前はメールに代わる情報配信ツールでしたがクーポン、ポイントカードなどの機能が加わり2019年にLINE@からLINE公式アカウントへ進化を遂げたサービスはとどまることを知らず…。
既存ネタから裏技的使い方、さらにダイアモンドプリンセス号で活躍したLIFE on LINEのお話などをお伝えします。

【進行役プロフィール】ビー・クエスト 代表 前畑明子 2児の母、銀行に11年勤務の後、2010年より店舗建築のデザイン会社にてクライアントのメルマガ専門の集客アドバイザーを務める。
5年間で2,000人のメール会員を持つ物販店舗を担当した時は対面の接客から1週間で1万人のメール会員の登録を達成。その後さらに3カ月で35,000人まで登録者数を増やす。
その後JAや生協、グループ企業、百貨店などのコンサルを担当。ご縁あって2014年から日本ハグ協会の事務局として「大切なひとを大切にする」という社会活動も行う一方で今年の4月、新型コロナウィルスにより情報を顧客へ伝えるすべがなく苦しむ店舗の様子を見て「情報伝達」の仕組化と手段の選択・伝え方のサポートこそ自分の使命とし独立。
公式LINEの導入から顧客管理系ツールを合わせた集客の自動化やコミュニティ運営に効果的な配信設計を提案し、それに関連したWeb制作も行う。

本日の朝活はLINE公式アカウントについてのお話でした。
前畑さんはLINE公式アカウントを効果的に運用するツール。
「Liny」リニー を取り扱い、販売されている方です。
メール、SNSを使っての集客、運用に対して、経験豊富でとても詳しいです。

日本国内で8600万人の人が使っているアプリ「LINE」
「LINE」公式アカウントは企業や個人、コミュニティ運用にとても威力を発揮するものでることがとてもよくわかりました。

商品の案内。お客様へのコミュニケーション。特にお客様に対しては個別にやりとりできるので、そういう意味でとても使えます。
コミュニケーションをとることができるプチホームページのようなものとも言えます。
ビデオメッセージを掲載もできるし、クーポンの配信。チラシのかわりに新商品の案内もできます。自動応答機能もあり、さまざまな使える機能があるので、LINE公アカウントはうまく活用できれば、ビジネスにかなり活躍できるものであることは間違いないです。

朝活ネットワーク名古屋もLINE公式アカウントを持っていますので、今まで作成していただけで放置していたのですが、見栄えの良いものに前畑さんに変えていただきました。せっかく良いものに変えていただいたので、イベントの告知や案内に使っていきたいと思います。

今はさまざまなツールがあります。
SNSもいろいろあります。
それぞれの特性をうまく生かして、広げていきたいですね。

自らの勉強も大切。疑問を持ち、可能性を感じて、詳しい人に聞いて、また勉強。
もしくは詳しい人に依頼して、よりうまく運用できるようにする。
もしくは教えてもらい、改善していく。
今回の「LINE公式アカウント」もその一つ。
可能性を感じたら、自分で調べる。
少し掘り下げて考える。もっと知りたくなったら

可能性を感じたら「LINE公式アカウント」 に関しては、前畑 明子 さんに相談してみると良いと思います。
朝活ネットワーク名古屋LINE公式アカウント
QRコードを掲載しますので
是非友達になってください。