コツを掴んで気を遣いだせば、人生さえも変える力がある!

朝活ネットワーク名古屋20200622

~大人の男性にとってのファッション・身嗜み(みだしなみ)について~

進行役:浅原 真悟さん

【内容】大人の男性にとって、もはや毛嫌いされる感もあるファッションや身嗜み。
忙しいビジネスマンにとって、そこまで興味のないファッションや身嗜みに貴重な時間やお金を費やすことは、あまり意味のないことだと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

しかしながら、ファッションにもないようでしっかりと基礎やコツがあります。
その基礎やコツを身につけることが出来れば、驚くほど時間やお金をかけなくても、大人の男性はカッコ良くなっていきます。

さらに大方の女性がファッションや身嗜みに一定の興味があるのに対して、男性の方は圧倒的にその数が少ないのが現状です。
(この10年ファッションの世界でそれを嫌というほど見てきたのでわかります笑)
言ってみれば、ちょっとコツを掴んで気を遣ってカッコ良くなると…
大多数の男性と比べて圧倒的に差を付けることができるのです。

仕事でもプライベートでも人生を変えてしまうほどの威力があります!
これってちょっとやらずにはいられないし、やらないと人生もったいなくないですか??
この現状を多くの男性に知ってもらい、今の自分を変えたい、カッコ良くなりたいと願う全ての男性の人生を変えるべく仕事をしている所存です。

今回の話では、そんなファッションのコツや身だしなみを掻い摘んでお伝えさせて頂きます。
ファッションでワクワクする男性が一人でも増えて頂けたら幸いです!
彼氏やご主人をカッコよくさせたい女性の方もぜひお越しください。

【進行役プロフィール】
様々なアパレルショップの店長職やファッションに特化した派遣会社の営業職を経て、2018年1月からFASHION STYLE LAB を設立。
現在は110回を超えるファッションセミナーやその方の魅力を最大限に引き出すトータルスタイリングを手掛ける。
モットーは “ ファッションで人生をより素敵に、豊かに “

様々なアパレルショップの店長を務められ、ファッションについてとても詳しい浅原さん。
今回は身だしなみ、ファッションについての基礎の基礎。
一番大切なことをお話いただきました。

女性が男性に求める、一番は「清潔感」。
まず「口臭」は気を付けなければなりません。
毎日3食食べた後は必ず歯を磨く。
歯間ブラシも使用する。
定期的に歯医者さんでクリーニングも行う。

次に「体臭」
これも湯船につかる。
汗をかく運動をすることで、体臭も抑えることができるということです。
スポーツインストラクターを務めていた経験がある浅原さんは、スポーツをして汗をかく運動をして、痩せることで体臭がかなりあったお客様が、体臭がほぼ気にならないようになった例をたくさん見てきたそうです。
運動、食生活も体臭に大きな影響があるのですね。
うすうす感じていましたがはっきりわかりました。

香水も匂いが強いものはあまり付けないほうが良いです。
付けているのかどうかわからない。
ほのかに香る程度がイイ。自然に。がイイんです。

毛の問題。
まず「鼻毛」。
鼻毛が出ている人が意外と多い。これは良くないです。
全て整えても鼻毛が出ているだけで、印象は崩れてしまうので鼻毛はとても大切。
パナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN11-K
このパナソニックの鼻毛カッターで毎日3秒。お手入れすれば解決します。

あと「眉毛」を整えることも大切。
パナソニック フェイスシェーバー フェリエ シルバー ES-WF41-S
上記のようなパナソニックの眉毛を整えるシェーバーがありますのでこのようなものを使うとよいとのこと。
眉毛も切りすぎず、細くなりすぎず、自然に。がポイント。
あと意外なのが顔にうぶ毛がけっこう生えているので、うぶ毛をこのようなシェーバーで剃るとかなり印象が変わります。
これは知りませんでした。

次に「肌」。
洗顔。化粧水。乳液。を使うとイイ。
肌の潤いも保てます。
男性でここまでしている人は少ないので、ここまで使って洗顔するとかなり肌の調子も良くなりキレイな顔になります。

「爪」キレイにそろえる。
爪の中になにかがつまっていたりするのは最悪。
以上は女性目線で男性を見るのに気になるところを意識して改善したほうが良い。身だしなみのポイント。

女性の目は男性が思っているよりはるかに厳しい。
私の身だしなみに関する意識はダメダメなことがよくわかりました。
あと適当なスニーカーをはいたり、合わせるのが意外と難しいチェックのシャツを着たりするのも、ファッションに無頓着な男性がしてしまう、良くない例。チェックのシャツもイオンなど総合スーパーの衣料部門で良く売られている。うーん。これも私がよく来てしまうものだ。適当なスニーカー。チェックのシャツは何気なしに来てしまう。

ファッションに興味がないので適当に「いいだろう」と思って着てしまう。
これは「小学生」のファッション。大人でこのようなものを考えずになんとなく着てしまうのは、「大きな小学生」スタイル。
オタクと言われる方々がよく着ている服。これもファッションに興味がないからつい着てしまう。
シャツ。ジャケット。スラックス。革靴。など

無地でシンプルなものをコーディネートして着るだけでかなり良くなる。
男性だと「ネイビー」の色のものを中心にそろえるとうまくいくケースが多いそうです。
引き締まってさわやかに見える。
白のシンプルなシャツにネイビーのジャケットを合わせたり、シンプルなものを自分なりに合わせて着てみようと思いました。
そのような服を意識して着たことがなかったので、衝撃的なお話でした。
思わず今回の朝活の帰りにシャツとそれに羽織るチョットした上着。
スラックスを栄のGUで買ってしまいました。
靴も夏用の涼しげな靴を中古ですが、栄の「ブックオフ」で買ってしまいました。
いつも服や靴は嫁さんが買ってきたものを適当に着るだけだったので、今回の浅原さんの身だしなみとファッションのお話はかなり勉強になりました。
まず大切なのは身だしなみ。みがきあげた自分にファッションを加える感覚。普段の生活。心がけ。意識。これをしっかり持って生活する。
身だしなみに自信をもてれば気持ちも上がる。
ファッションはそういう意味でとても大切ですね。

今回の浅原さんのお話は私にとってとても欠けているファッションについて、身だしなみについてかなり役立つお話ばかりでした。
浅原さん。素敵な発表をありがとうございます。
浅原さんは6月27日にセミナーを開催されるそうです。また7月にZoomでセミナーをされるそうなのでまた興味がわいた方はFacebookで浅原さんに連絡を取ってみてください。