今すぐ役立つハチミツの活用法と日本のハチミツ事情

朝活ネットワーク名古屋20200113

進行役:松岡浩史さん

テーマ:今すぐ役立つハチミツの活用法と日本のハチミツ事情~とてもカラダに良い、甘くておいしいハチミツの魅力~

【内容】「1月から4月までの間、役立つハチミツ活用術」
「2019年に日本のハチミツが大きく変化!」
「シナモンを使ってさらにハチミツを楽しもう!」という
3つのテーマでお話しします。

ハチミツの美味しさと味の違いにハマり200種類ほどのハチミツを常備しています。ハチミツについて学ぶうちに、食べるだけでなく様々な活用法を知りました。
ミツバチが一生かかって集めることができるハチミツの量は、わずかティースプーン1杯ほど。そのミツバチからの恵みである「蜂蜜」を上手に使うことで毎日元気に過ごしていきましょう。

そして今の時期におすすめのハチミツを使ったホットドリンクを11月から毎日飲むようになり体調がどのように変わったかもお話しします。

【プロフィール】
松岡浩史(まつおかひろし) 1972年愛知県名古屋市生まれ はちペロ会主宰、コーヒー&はちみつペアリング研究家、ブログ『コーヒーとはちみつと私」を運営し毎日更新。
「日本はちみつマイスター協会認定講師」「SCAJ認定コーヒーマイスター」「J.C.Q.A認定コーヒーインストラクター1級」
普段はコーヒー会社で営業をしています。休日に、蜂蜜やコーヒーのおいしさや楽しさを知ってほしいと思いワークショップやセミナーを開催しています。
最近は各地域で開催される生涯学習講座、外部企業や団体のセミナー講師として活躍しています。

コーヒーとハチミツのブログを毎日更新されている松岡さん。
ハチミツとコーヒーに書いているブログない。
この組み合わせにより唯一無二の存在になることができる。

自宅に200種類のハチミツを揃えられているそうです。

ネットでもハチミツを販売され、ハチペロ会というハチミツを食べながら語り合う会も定期的に開催されているそうです。

ヨーグルトとハチミツの組み合わせは腸にとてもよい。
ハチミツにはミネラルが多く含まれている。

松岡さんはハチミツを食べるようになってから平熱が0.5度上昇し、新陳代謝がよくなるそうです。

綿棒にハチミツをつけて鼻の中に塗る。
はじめは大量に鼻水がでますが、花粉症にとても効果があるそうです。

ハチミツは20秒味わってほしい。
口の中ですぐに溶けてしまいますが、20秒できるだけ味わうことで満足度は高くハチミツそれぞれの味を感じることができます。

日本のハチミツは今までまがいもの何かを混ぜているハチミツでもハチミツとして販売できたが最近、制度が変わり国際基準に近づき何かを混ぜていたりしているとハチミツとして販売できないように変わったそうです。

ハチミツには口の中を殺菌する効果もあり、やはりミツバチがつくった自然の甘味、命の恵み、人工的に作った白砂糖とは違います。
ハチミツの奥の深さを感じることができました。

私も意識してハチミツを食してより健康になりたいと思います。

今回、松岡さんにバラの花からとれたハチミツを提供していただきました。
バラの香りがするハチミツ。
とても上品で優しいお味でとてもおいしかったです。
20秒味わおうとしてもすぐに溶けてなくなってしまいますね。

松岡さん。
はちみつ愛に溢れるお話と、おいしいハチミツ
ありがとうございます。

松岡さんのブログ

https://www.coffee83.net/