雀鬼と呼ばれた男!!桜井章一について

朝活ネットワーク名古屋20200106

進行役:伊藤史彦さん

テーマ:雀鬼と呼ばれた男!!桜井章一について~20年間無敗の本物だけが知る思考、生き方とは~

【内容】麻雀の裏プロとして現役時代の20年間で負けた事が無い麻雀の鬼と書いて”雀鬼“と呼ばれた男・桜井章一。神ではなくて鬼です!
強い人間は時々いたりします、ですが無敵無敗の強さは他にありません。勝率が高いのと絶対に負けない強さは異なります。
そんな常人を超えた強さを身に付けている人間の思考と行動についてお話します。
特にアスリートや経営者から非常に尊敬されていて、野球選手では城島、佐々木大魔神、イチローも雀鬼の本を読んで勝負の研究をしていました。オリンピック選手が教えを請いに来たりと勝負に生きる人達の中では生きる伝説的な存在です。
格闘技の伝説的人物であるヒクソン・グレイシーとは家族ぐるみの付き合い。
サイバーエージェント社長の藤田晋氏は、2014年に麻雀最強戦で優勝して日本一になったことで若き日は雀鬼の元で学んでいたことが知られています。
ビジネスに必要なことは麻雀を通じて学んだとも言っています。
運気を掴んで少しでも長く留めるには? 
不調をなるべく早く脱出するには?
など運気の法則や男が惚れる漢の生き方、信念についてを通して、雀鬼の魅力を少しでも皆さんにお伝えして、正月一発目から運気を良くしてもらえたら嬉しいです。

【プロフィール】
1971年愛知県で出生。 国士舘大学卒業
普段はIT業界で一介の労働者
そのかたわらでボードゲームを主催しているアナログ好き
自称スピリチュアル研究家でもある。
キャッチフレーズは“面白い事は世界を広げる”
大学時代から格闘技を始める(極真空手、骨法、柔術)
格闘技に関わっていたこともあり
kー1になる前の興行やヒクソングレーシー初の国内試合、プライド1を生で観戦
1998年柔術の全国大会の新人戦に出場で優勝(決勝の対戦相手は後に世界チャンピオン)
ヒクソン・グレイシーの雑誌対談での記事をたまたま目にしたその対談相手が桜井章一でした。 
その後数年後に知り合いの社長から桜井章一と言う漢の事を聞いて本を読みあさったの切っ掛けで麻雀を始める。その考え方、生き方に惚れる。麻雀を実戦してみて運気の法則の力を実感する。

麻雀は長く打てば、運気をつかむ人が勝つ世界。
現役時代、20年間負けたことがない伝説の雀鬼・桜井章一。
運を味方につける思考とはどんなものなのか?
興味津々でした。

驚いたことに勝ち続ける考え方は意外と考え方は当たり前でシンプルなもの。

麻雀だけ頑張ってもダメ。
俺は日常の生活から頑張っている。
普段の生活の考え方・生き方を正す。

流れに合わせる。ことが大切。

20パーセントの遊びを持ち、変化に対応する。

人に喜んでもらえるようにする。

全体感を持つ。

揺れた状態を元に戻せるようにする。

勝ちたい!というより良い勝負がしたい。

自分を見失わないためには基本動作に戻ること。
良いフォームを持つこと。
柔らかく、シンプルであること。
本当のスピードとは無駄のないシンプルさから生まれる。

思考をシンプルにする。

勝ち方ではなく、強くなるやり方を追求する。

人間としての強さを追求した桜井章一。

考える時間は2秒。
通常1秒。

普段から心を準備する。
準備の段階で考え抜けば、本番で悩まなくてよい。
心を整えておく。

腹八分目の気持ちを大切にする。

強くなれば、勝ちが転がり込んでくる。
基本動作が大切で、周りの人にしてあげることを増やし、
欲を捨てる。

日常生活こそ大切。

日常生活の中で強さを鍛え上げるその姿勢。

人としてどう生きればよいかのお手本ですね。

日常生活を大切にしよう。
規則正しい生活をしよう。
基本のフォームを作ろう。
姿勢正しく生きよう。
スピード早く考える時間を持とう。
全体感を持とう。
人のために何ができるか?考えよう。

強くなるとはどういうことか?
運をよくするためにはどうすればよいか?

それは至極シンプルで、人のためにできることを行う。
基本動作を大切にする。
日常生活から懸命に生き、己を正す。

学ぶことが多かったです。
普段から考えることの大切さ。
生活を整えることの大切さ。
基本動作を整えることの大切さ。

普段の生活。
考え方を整えること。

これに尽きると感じます。

日常を整え、シンプルに、腹八分目で、欲を捨て
基本を大切に、人のために、全体感を持ち
考えて、生きていこう!

伊藤さん。
強くなるための方法を教えていただきありがとうございます!

桜井章一は
勝つために「山ごもり」をする。
自然とふれあう。
そのことによって本来の自分戻れる。
自然からパワーをもらう。
人としての基本に戻る。

あるべき自分を整える。

シンプルで大切な勝つための強さ。

勝つためのヒントをたくさんいただいた
ありがたい時間でした。

伊藤さんは定期的にボードゲームを楽しむ会を開いていますので
また興味ある方は 伊藤史彦 さんに連絡を取ってみてください。