知っておきたい!!糖質制限ダイエットの光と影

朝活ネットワーク名古屋20191223

進行役:榎本喜巴さん

テーマ:知っておきたい!!糖質制限ダイエットの光と影~安全で健康的に痩せる方法をお伝えします~

【内容】糖質制限が注目され始めて約7年。今では、「糖質=太る」は常識ですよね。
ダイエットに興味を持つ人のほとんどが、意識して糖質を制限しているのではないでしょうか?その一方で、糖質制限の危険性を唱えている専門家もいます。確かに、「おやじダイエット部」で有名だった糖質制限ダイエットの第一人者が急死。この原因も糖質制限だという人もいれば、関係ないという人もいました。また、一般の方でも成功する方もいれば、痩せない・体調を崩したという方もいます。本当のところはどうなのでしょうか?
正しく理解した上で、正しく判断してダイエットすることが最も重要。安易に行うことは、お勧めしません。
今回は、痩せる仕組み、糖質は本当に悪者? 油脂の摂り方のコツ、安全に健康的に痩せるには?などについてお伝えいたします。
それ以外にも、ダイエットや健康についてのご質問でしたら、なんでもお答えいたします。この機会に、一度自分にとってどんなダイエット・健康的な食生活が良いのか考えてみませんか?

【プロフィール】
管理栄養士歴18年 トレーナー歴8年。
管理栄養士として約10年病院に勤務、栄養指導及び入院患者様の栄養管理を行う。「好きなものを食べられないまま」ほとんどの方が人生の最後を迎えていることにショックを受け、「健康であること」「予防」の大切さを痛感する。
2010年予防医療に携わるために、メディカルフィットネスに転職。加圧トレーナー兼管理栄養士として、役6年間1000名以上指導する。指導する中で、ダイエットが成功するかどうは、ストレス”心”の影響が大きいことに気づく。その後、パーソナルトレーナージムで、パーソナルトレーナー兼管理栄養士として指導。
2017年、ダイエット⁺サロン emi-lifeを立ち上げ、『心と体のバランス、それが健康で幸福な人生の基本』を大切に、一時的痩せるのではなく、習慣から変えるダイエットを提案している。

ダイエット+サロンEmi-life代表 をされている榎本さん。
榎本さんは管理栄養士でトレーナーをされています。
糖質制限とはどうなのか?
健康的に痩せるためにはどうすればよいのか?

糖質制限もやりすぎると良くない。
糖質制限は飢餓状態をわざと作っている状態。
糖質を制限することで、エネルギーを作る過程を変える。
脂肪をケトン体に変えて、燃焼させる。
簡単にできて、結果が出やすい。

ただケトン体は肝臓で作られるので、肝臓の負担が増えます。

肝臓はやることが多い臓器です。
食品添加物を解毒するのも肝臓の役割。
現代の食事では肝臓に負担がかかりやすい。
お酒も肝臓の仕事を増やすことになる。

肝臓は大切なのだ。

普段の生活で腹8分目にして、食物繊維、発酵食品を取ることは大切。
和食が体に良い。
味噌、醤油、みりんは発酵食品。
これも値段がある程度のものを選んだほうが良い。
ある程度の価格のものは少量でもおいしい。
だから結局はそれほど高くはならない。
しかも体に良い。

油もサラダ油でなく、
えごま油、オリーブオイルのほうが体に良い。

マーガリン、ショートニングが原材料に書いている食品は、体に良くない。
安いお菓子も体に良くない。
コンビニで食べ物を買うときにも裏の原材料を確認することはすごく大切。
コンビニのサンドイッチは添加物まみれで体に良くない。
生ものを使っているので腐る可能性のあるものは
腐らせないように添加物をかなり使用している。
白砂糖も良くない。

晴れの日は食事を思いっきり楽しむ。
感謝しておいしく食べること。
日常生活はしっかりと自己管理をし晴れの日は思いっきり楽しむ。

榎本さんの経営するダイエット+サロンでは、TRXという器具を使い、運動をします。
わざと不安定な状態を作り、体を鍛えます。
食事の指導もしてくださるので、とても健康的に痩せることができます。

https://emi-life.com/

榎本さん。
とても役に立つお話をありがとうございます。
私もバランスよく、普段は自己管理をし、晴れの日は楽しむ食生活をして健康に痩せていきます。