1000人以上の男女の悩みを聞いてわかったホントのこと

朝活ネットワーク名古屋20190401

進行役:杉浦由実さん

テーマ:1000人以上の男女の悩みを聞いてわかったホントのこと~男女の関係のほんとのところ。女の本音と男の本音~

【内容】結婚相談所を始めて5年、1000人以上の独身男女からの悩みをお聞きしてわかった男女の本音。
男女が分かり合えない理由と、分かり合うための方法
実は、とてもシンプルなのです。
恋愛下手だった私だからこそお伝えできる
恋愛で人生が豊かになる方法をお話しします!

【プロフィール】
青春時代はバブル全盛。そんな時代に給料のほとんどを彼氏に費やすという、究極のダメンズ好きだった。そんな私が、結婚したのはまさに「婚活男子」のような人そして体験した「結婚の幸せ」
現在は、そんな体験を元に結婚相談所を運営している「恋するドリル」著者MIDFM「大人のハレル夜」ラジオパーソナリティー

結婚相手を自分で見つけることができる人は全体の三割。それ以外の人は紹介で出会う。

杉浦さんは結婚相談所を始めて5年、1000人以上の独身男女からの悩みを聞いてきました。

かつては結婚することが当たり前だった時代がありました。
だが今はそうではありません。
結婚しないという選択もありとされています。

本日は結婚に対する現代の男女の考え方や傾向、杉浦さんが結婚相談所で今までに印象に残った方々についてお話しいただきました。

結婚は諦めなければ必ずできる。
年齢は関係ない。
結婚したいと思ったときに活動を始めればいい。

結婚する相手としては居心地が良い人がイイ。
それが一番。
環境が近くて、価値観が同じような人がイイ。

一緒に生活するのだから楽なのが一番。
価値観が合わないと生活するのにつらい。
なるほど。
その通りだ。

意外だったのは、自ら結婚相手を見つけて、結婚できるのは全体の3割とのこと。
あとの人は誰かに紹介してもらって出会っている。
昔は結婚するのが当たり前だったので、適齢期になると、そろそろということで周りの人がいろいろ世話を焼いて、引き合わせたりした。
だから結婚できた。

今は本人の自主性に任されているので、自分が「結婚したい」と思ったら、そのときに相手を探しはじめる。
でも自分だけで相手を見つけるのは大変。

杉浦さんはたくさんの男女を引き合わせて、たくさんの男女の結婚をサポートしてきたので、「結婚したい人は私のところへ来てください!」と言います。
はじめは女の人とまともに話すことのできなかった男性も、結婚相談所に来ていろいろアドバイスを受けながら、イベントやお見合いの場数をふみながら、素直に努力を続けていくことで
結婚できる。とのこと。

確かに間を取り持つ人がいて、その紹介でさまざまな出会いを経験して学びながら、アドバイスを受けながら婚活を続ければ、結婚できるケースが多いとのこと。

仕事でも結婚でもなんでも、諦めなければ思いは実現できるのですね。

人を好きになれないと言っていた女性もいろんな人と出会い、お見合いすることでイイ人に出会い、ちゃんと結婚できたそうです。

なので、このまま一人だと寂しいなあ
とか
そろそろ子供ほしいなあとか
とか

そう思ったときに、婚活を始めることがおススメです。

私もお見合いで結婚しましたが、お互い結婚にしたい男女が出会うので真剣な交際ができます。
まじめに結婚を求める人にはお見合いは良い制度であると思います。

ぜひ、そろそろ相手を見つけたいなあという人は結婚相談所を利用するのも良いですね。

杉浦さん。

本日は現代の男女の結婚事情をわかりやすくお話しいただきありがとうございます!

「結婚したい人は私のところへ来てください!」と

自信あふれる表情で語っていた杉浦さんの話す姿が一番、印象に残りました!

https://yumi-sugiura.hatenablog.com/