やりたいことがあるならまずやってみよう!

朝活ネットワーク名古屋20181126

進行役:松下嘉広さん

テーマ:やりたいことがあるならまずやってみよう!まだ「起業・働き方改革・ライフスタイル」とかいってんの?

【内容】まだ「起業・働き方改革・移住定住・ローカルベンチャー・ライフスタイル・生き方・都会・地方・田舎」とかいってんの?どこでもなんでもやりたいことがあるなら、まずはやってみたら面白いと思います。
いま注目されているキーワードじゃなくて、シンプルに僕が楽しんでいること。「面白い」ことをお話します。

【プロフィール】
岐阜県中津川市生まれ。ヒガシミノ団地代表理事 工業高等学校卒業後、ゼネコンに就職。その後イタリアへ留学し、設計事務所に。まちづくりの勉強をするために宮城県石巻市にてまちづくり団体に所属。その後自分もなにかやりたいなと思い、一番ハードルの低い地元で「面白い」をキーワードに様々な取り組みをおこなっています。僕は今、ヒガシミノ団地という団体を作り、地元・岐阜県中津川市でイロイロ「面白い」ことをしています。中山道沿いの古民家を生かして、ゲストハウスや飲食店を作ったり、地元で昔から当たり前に作られている「味噌」や「糀(こうじ)」をブランドにして売り出したり、地元の「当たり前」は他の地域の人からすると「とても魅力あるもの」だったりするんです!

岐阜県中津川市でまちづくりの活動をしている松下さん。

一般社団法人「ヒガシミノ団地」を立ち上げられて、古民家を活かしたゲストハウスやカフェを作っています。

中山道沿いにある立派な古民家を活かす。

目の前に困っている人がいる
その人を助ける結果。それがまちづくりになればいい。

今はインターネットのインフラもあるし、やろうと思えば事業をおこなう環境は前より整っている。
クラウドファンディングで資金も集めやすくなっている。

しっかりと覚悟を決めてやりたいことをやる!

その覚悟に成功できるかかかっている。

やってみたら次が見えてくる。

やりたいこと、欲しているものを公言する。

自分で事業をするなら誰とやるかが大事である。

松下さん。
やりたいことをやる。
面白さと厳しさのお話をありがとうございます。