AIに勝つ武器「読解力」!

朝活ネットワーク名古屋20181029

進行役:黒川葉子さん

テーマ:AIに勝つ武器「読解力」!

【内容】AIに勝つ武器「読解力」あなたにはありますか?
10〜20年後、AIが人間の仕事の47%以上を担うと言われています。人間はAIではできない部分を担当することになる可能性が高いです。
AIは、記憶と計算は得意ですが、実は、文章の「意味」が理解できない、つまり「読解力」がないのです。
ところがAIの研究家によると、中高生の大多数が教科書程度の文章の意味を理解していないことがわかりました。
今回は、この研究で使われたチェック問題で、皆さんの「読解力」をチェックします。
あなたのAI時代を生き抜く武器「読解力」はどれくらいでしょうか?
ご安心ください。
もちろんそのための解決法もお話します。

【プロフィール】コクリエ国語教室主宰 教育アドバイザー
「頭が良くなる国語塾」として、小学生から大学受験生向けに、「読解力」で学ぶ力、考える力をつける国語教室を、名古屋駅笹島で主宰。国語を学ぶことは、テストの成績を上げることではなく、社会で一生必要な、コミュニケーション力、発信力、提案力をつけることです。大人の為の国語塾、読解力を教える「コクリエ講師養成講座」も開催。アドラー心理学等各種講座も開催しています。

今回はコクリエ国語教室主宰の黒川葉子さんにお話しいただきました。

現段階ではAIは読解力はない。

言葉は理解できても意味が理解できない。

AIに東大挑戦させるプロジェクトもあったが
偏差値 数学 76.2
世界史61.8
英語 50.5
国語 49.7
という結果に終わりました。

AIが人間の話していることを理解するのはまだ難しいようです。

ただ中高生に半数以上が教科書程度の文章の意味を理解できていないという事実から、中高生が受けたテストを黒川さんに準備がしていただき3題やってみました。

朝活に参加していただいた皆さんの正答率はかなり高かったです。

中高生の正答率が低い問題に関して、これは文章の意味が理解できていないというよりも
ちゃんと読むことができていない。
つまり集中力と注意力の問題ではないか?と思いました。

文章とは大切なことを人に伝えるために書かれる。

読解とはそれを読み取ること。

国語力はSNSで発信するときにも大切です。

生きるチカラにも繋がります。

黒川さん。
素晴らしい発表をありがとうございます!

黒川さんは大人のための国語教室や国語力を身につけるための講師を育てる活動もされています。

http://cocurie.jp/