IT化の波とグローバル化の波。あなたが乗るのはどちらの波??

朝活ネットワーク名古屋20180730

進行役:加藤市郎さん

テーマ:IT化の波とグローバル化の波。あなたが乗るのはどちらの波??~大きく変わる世の中!現在の香港・中国の現場から感じること~

【内容】あなたはいま、日本のITレベルは先進国の中で何位くらいだと思いますか?
グローバル化社会と言われていますが、あなたは外国人の友人・知人は何人いますか?
ITビジネスに携わり23年、中国・香港ビジネスに携わり13年。
日本と海外を行き来していく中で見えてくる日本のIT化のスピードについて、
そして、すでに始まっている日本の本格的グローバル化について、
直接この目で見て、体験してきた一次情報をもとにお話させていただきます。
この世の中はこれから大きく変わっていきます。
その中で「私たちはどうしていくべきなのか?」を理解していただけると思います。

【プロフィール】株式会社アクセス・イノベーション代表取締役社長 加藤市郎。上級ウェブ解析士。中小機構(ミラサポ)登録専門家。あいち産業振興機構登録相談員。一般財団法人自治体国際化協会プロモーションアドバイザー。東海地区最大の総合広告代理店・電通名鉄コミュニケーションズのインターネット事業部のディレクターとして9年間勤務。その後、三菱商事100%出資のIT企業にて新規事業シニアマネージャーとして3年間勤務。ここで自らが立ち上げたインターネット事業部を事業継承し、2009年4月に株式会社アクセス・イノベーションを設立。東京・名古屋・静岡・福岡のテレビ・ラジオ・ケーブルテレビなどの放送局、大手不動産会社、旅行会社、デパート、ショッピングモール、公共交通機関、出版社、飲食店チェーン、プロスポーツ公式サイト、クレジットカード公式サイトなど数百社の企業ホームページ、ショッピングサイトの企画・制作・開発・運用の実績。20年にわたるインターネット関連業務の経験を活かし、インターネットを活用したマーケティング戦略策定、ホームページ・スマホサイトの企画・制作・開発・運用など、クライアントさまの売上アップのお手伝いをしています。小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金などの活用方法についてのセミナー、コンサルティングをはじめ、具体的な事例をもとに、成果につながるコンサルティングをいたします。中国・香港の企業とのビジネスマッチング、視察ツアー・ゴルフツアーなどのイベント企画・運営、展示会出店支援、マーケティングリサーチ・マーケティングコンサルティングなどの進出支援の実績も多数。

加藤さんは株式会社アクセス・イノベーション代表取締役社長
ITビジネスに関わり23年。
中国・香港ビジネスに関わり13年になります。

会社員の頃からIT業界に身をおいて
新しい仕事を作り、売上を自分で作ってきた加藤さん。

これからはインターネットの時代になるのではないかと
今から23年前に思い、ITに全然詳しくなかったのに
足を踏み入れた。

中国との関わりも中国の勢いを感じて持ち始めた。

お知り合いに中には阿里巴巴(アリババ)の副社長もいるとのこと。

すごい人脈です。

中国の発展は凄まじく、上海は行くたびにどんどんきれいになり
高層ビルがすごい勢いでできていく、日本の発展のスピードよりかなり早い。

20年前に人口3万人であった香港の近くにある深センは
今や人口1800万人。
国策で大きくしたとはいえ、すごい勢いです。

自分の興味、感度に素直になり、
中国と関わってきたからこそ、人脈ができて、それを仕事に活かしていく。

信頼できる人からの確かな情報が大切だ。

情報が溢れている今だからこそ正にそうだ。

中国はWeChatというアプリがあり
ユーザー数は8億人。
決済もできる。
現金を使わなくても良いし、タクシーの配車もできる。
もちろんコミュニケーションもできるし、
日本のLINEに決済がついた
中国でかなり一般化したアプリだそうだ。

スマホで決済できる範囲が中国では日本より広いのだ。

この分野では中国が日本の先をいっている。

アプリの、スマホの、便利さを活かしている。

中国・香港。
日本。
を行き来する中でスピード感の違いを感じる。

現地で中国人と話し、感じて、情報を掴む。
人と知り合う。

確実に変わっていく世の中。世界。

日本がよければ日本にいればよいし
海外に出て挑戦してもいい。

加藤さんのように日本にいて中国と関わりを持ち
仕事をしていくのもいい。

自分の興味に素直に時代を読んで生きていく。

加藤さんのお話する表情は楽しそうでした。

自分で商売を作ってきた加藤さん。

素敵な発表をありがとうございます!