お笑いを通じていじめ防止!

朝活ネットワーク名古屋20180618

進行役:田中哲也さん

テーマ:お笑いを通じていじめ防止!~いじめられた経験から学んだこと、コミュニケーションの大切さ~

【内容】
現在高齢者、子供達と触れ合いコミニケーション講座
「オレンジ田中のお笑い健康道場」を立ち上げ沢山の方とご一緒してきました。
今では、ヨイショの達人!
ライン友達も1600人以上となりました。
そんな僕ではありますが いじめられた経験があります。
そこからたくさんのことを学びました。
今までの経験から、いじめ防止、コミニケーションの大切さを伝えています。
そんな僕のお話を聞いて頂けると嬉しいです。

【プロフィール】
オレンジ田中哲也 1978年11月8日生まれ 三重県出身 受賞歴 第23回今宮戎漫才コンクール香川登枝緒記念敢 笑いヨガリーダー資格 岩手銀河100キロマラソン完走芸能界最速ランナー 出演番組:東海TV 『ぐっさん家』 フジTV『爆笑レッドカーペット』、TBS『あらびき団』 メ〜テレ『ヨイショの達人 クローバーTV(CATV)『オレンジ田中のオレん家体操』

中学時代 、いじめられた経験がある田中さん。
笑いを交えながら、いじめられたツラさをお話くださいました。

声も大きくてとても話が聞きやすかったです。

いじめた側はあまり気にしていない。
そのキツさがわかっていない。
いじめられた側はかなり辛い。

親にも言えない。
気づいてもらえない。

自殺も試みたが、そのときに聴こえてきた歌に助けられ
思いとどまりました。

子どもに聞かせたい話でした。

その時の辛かった経験を話す。

いじめられている子供はそれを聞くと救われると思う。

今いじめられていなくても、もしいじめられたときに
田中さんの話は生きてくると思う。

誰かの痛みをわかってあげる。

芸人になってからも辛い経験がありましたが
オレンジの相方の泉さんが
「俺がお前を守ってやる」と言われとても救われたそうです。

自分をわかってくれる人がいる。
助けてくれる人がいる。
その嬉しさと安心感。

ご自身経験を赤裸々に語り、お笑いのネタとは違う、
人のためのお話。

小学校や中学校でも田中さんはライフワークとして
このいじめの体験を語っているそうです。

お笑い芸人がいじめの話をするのはどうかという反対の意見もあったそうですが、宮川花子師匠が「ぜひ、やるべきだ!」と背中を押してくれたとのこと。

お笑い健康体操も面白かったです。

田中さん。
とても心に残るお話をありがとうございます!!

後輩芸人のユーチンさんの大道芸もとても楽しかったです!

7月7日(土)オレンジ寄席が開催されます。
場所は栄三丁目パルコ近くのBMTHEATERです。
ぜひ予定が合う方はどうぞ。
www.yoshimoto.co.jp/nagoya/blog/2018/07/post-21.html