名古屋城の見方・魅力 実はスゴイ名古屋城!

朝活ネットワーク名古屋20170911

進行役:西尾雅昭さん

テーマ:名古屋城の見方・魅力 実はスゴイ名古屋城!「尾張名古屋は城でもつ」と言われるのにはワケがある

【内容】 名古屋城はコンクリートの天守閣にエレベーターがついて…….
なんてホンの些細なこと、と思える視点を持って頂くことが狙いです。
これにより旅先で城を訪れた際の楽しみも増えます。
そもそもお城って何?名古屋城のどこがすごいの?こんな疑問に答えつつ、
名古屋城にすぐにでも行きたくなる魅力をお伝えします。

【プロフィール】某IT企業に勤める会社員。春風亭昇太師匠の影響で城郭巡りを始め、これまでに全国300以上の城郭を巡る。 そこで知り合った著名城郭研究者(現某大学学長)から、名古屋城は「究極の近世城郭」と称賛をもらったことがきっかけで、その素晴らしさ目覚める。

海外生活で日本文化・地元の魅力を見い出し誇りを持つことの大切さ を学び、名古屋城の素晴らしさを広めることに関心をもつ
現在、県内の観光施設を外国人に案内するボランティア団体に所属し、外国人向けの名古屋城ガイドを行っている
ガイド歴:1年延べ15カ国、100人以上
関連資格:日本城郭検定2級、名古屋城検定参級、神社検定二級、TOEIC815、英検準1級

朝活ネットワークでは、東大に現役合格させた経験をもとに、「子供が自主的に勉強するようになる、親ができるたった一つの習慣」を講演。

 

名古屋城は国宝第一号に指定されています。
コレは戦前の話で、指定されたお城は戦争で焼けてしまいました。

名古屋城は専門家から究極の近世城郭と言われ、
名古屋城の「石垣」は最高傑作で、ぜひ、「石垣」を見てほしいと西尾さんは言います。

日本の石垣を作る技術は素晴らしく、その技術の集大成が
名古屋城の石垣にはある。

今から約400年前、清須から街が名古屋に移った「清須越し」。

関ヶ原の戦い以降、大阪の豊臣氏をはじめとする西国大名への勢力に対抗するために、清須の街が水害に弱いことから、
徳川家康が名古屋の街を作り、名古屋城を作った。

名古屋城の建設は国家プロジェクト!

西国大名にお金を使わせるための側面もあった。

名古屋城を作ったのは西国大名であった。

名古屋は京都と江戸を結ぶ場所にある
重要かつ戦略的な拠点として整備したのだ。

現在建築中の名古屋城の本丸御殿も
完全復元にこだわりぬいている。
襖絵もどんなものが書いてあったのかわからないところは
空白にしてあるとのこと。

街が発展しやすい場所に「名古屋」を開いた徳川家康。
現在の名古屋の発展があるのは徳川家康のおかげであることは間違いはない。

その歴史と名古屋城の見どころ、こだわりを知ることができてよかったです。

西尾さん。
素敵な発表をありがとうございます!