朝活ネットワーク名古屋20191125

英活のススメ。日本人のアドバンデージを活かそう!

40代から英語をやり直し、勉強をはじめた西尾さん。中学生になり、息子さんが英語を勉強し始めました。西尾さんの息子さんは現役で東京大学に合格されています。そんな息子さんに自分が英語ができないというのもカッコ悪い。もし、質問されたときに「わからない」と言いたくない。と思い、英語を勉強し始めた西尾さん。息子さんの中学校の教科書を使って、英語を勉強し始めました。塾には通わずに独学で学ばれました。英語を学ぶ過程で、英検やTOEICを受けました。これは試験が目標ではなく、自分がどれだけ学べているか?それを確かめるために受験したそうです。2008年 TOEIC 300点台 2012年  TOEIC 700点台 2016年 TOEIC 800点台 仕事が忙しくて勉強の時間が取れなくて、伸び悩んだときもありましたが、点数は伸び、英会話もできるようになりました。

朝活ネットワーク名古屋20191118

日本人の心はどこへ消えた?

佐々木さんは豊橋で学習塾を経営され、大学生のときからのアルバイト時代を含めると20年以上かかわられています。そんな佐々木さんのお話はまず今の学校現場の現状のお話から始まりました。校内暴力、イジメ、児童虐待、統計上の数字とその背景をお話いただきました。どの数字も増加傾向にあります。子供たちにとって自殺まで至るキツイ状況は、学校でのイジメより家庭不和や父母の叱責。家庭がやはり大切です。うつ病も増加傾向にあります。ブラック企業の問題もあります。そんな日本の現状ですが、日本人とはそもそもどんな民族なのでしょうか?アフリカから始まった人類。おそらく日本人のルーツは、朝鮮半島からやってきた説が有力。1万年以上長く続いた縄文時代。日本には北から南まで集落が散らばっていて、北海道から九州まで人は住んでいました。

今日から実践!! 記憶に残る名刺術

岡田さんは広告、印刷業界に20年以上在籍され、2013年プレジデント社より作家志賀内泰弘氏と共著で「じわじわ稼ぐ名刺」を出版。名刺の使い方で売上を伸ばすセミナーを多数開催されている方です。名刺に仕事をさせるには、切れのいいキャッチコピー。良い写真が入っている。連絡先が分かりやすく掲載されている。何ができる人か?どこに連絡すればよいのかはわかりやすくするのは納得です。写真に関しては人の顔は左右対称ではないので、右か左かどちらかの側から撮影すればより良い写真が撮れます。だからプロに撮ってもらうと良いです。名刺交換に関しては「自分からは名刺を出さない。」相手の名刺を先にもらう。「あなたに興味がありますよ」ということを伝える。

朝活ネットワーク名古屋20191104

5%還元だけじゃない!お得が続々キャッシュレス勉強会

坂田さんは 日経新聞にて「ネットに詳しい経営コンサルタント」 紹介されたこともある方です。全国の商工会議所 を中心に講演を行われています。年間100回以上講演をされています。朝活ネットワーク名古屋でも毎年1回お話いただいています。いつも様々なテーマでお話いただき、とても刺激になっています。SNSやネットの世界はどんどん進んでいきます。時代の流れ早いです。坂田さんは時代の流れをいち早くつかみ、私たちにわかりやすくアウトプットしてくれます。お話がすごくわかりやすく、やる気にさせてくれるのです。今回のテーマは「キャッシュレス決済」!10月から始まったキャッシュレス決済の5パーセント還元!やるかやらないか。キャッシュレス還元。