朝活ネットワーク名古屋20190729

長谷川さんは 沖縄出身で名古屋芸術大学で学ばれ、とても絵画に詳しいです。そんな長谷川さんに有名な「ルネッサンス」について、特に三大巨匠と言われるダヴィンチ・ミケランジェロ・ラファエロについてお話しくださいました。この時代は画家の人たちが絵具も作成していた。絵具から作るのはかなり大変。ダヴィンチはうますぎる。ミケランジェロはチカラが入りすぎる。ラファエロはこびすぎる。特にミケランジェロは気難しい人で、この時代は弟子にかなりの部分の仕事を任せて、作品を作成するのが一般的だったのですが、弟子をみんなクビにして、一人で作品を作成したこともあったそうです。ダヴィンチも人の毛穴まで書いてしまう勢いでかなり細かい緻密な絵画を描いていました。でもミケランジェロもダヴィンチも女の人を描くことが上手ではありませんでした。

朝活ネットワーク名古屋20190722

350万部を超えるベストセラー「嫌われる勇気」で、広く知られるようになった「アドラー心理学」。僕は嫌われる勇気は読んだことはないけれど、アドラー心理学には興味が非常にありました。そして僕が、普段仕事で利用させていただいているエニシア伏見店で開催されていた大池良枝さんの「アドラー心理学」の勉強会に参加していました。大池さんはコーチでカウンセラーをされています。コーチングやカウンセラーの考え方は、アドラー心理学がもとになっているそうです。人を勇気づける教え。優しい教えだと僕は感じました。人にはいろんな見方がある。自分のあり方を考えさせられました。

朝活ネットワーク名古屋20190715

看護師として働きながら美腸認定セラピストしても活動されている近藤美奈子さんにお話しいただきました。腸の活動を考えると夜は24時前に寝たほうが良い。寝る3時間前からは食べないほうが良い。そのほうが腸が休まる。夜はできるだけリラックスする時間を取ったほうがいい。腸にはヨーグルト、納豆、キムチ、バナナ、キノコ類、海藻、こんにゃくなどが良い。良くないのは白砂糖、グルテン(小麦)、酸化した油。 特にグルテンなんかは腸の内部の表面に付着してしまい、腸内環境にかなり良くない。だから、菓子パン、ドーナツなんかは最悪です。ガンの中で女性では第1位、男性でも第3位は大腸がんです。腸内環境はかなり大切です。

朝活ネットワーク名古屋20190708

古墳について。古代の日本人の感性を知る。死んだら神様になる。誰のお墓かわからない。墓のカタチが決まっているのも日本人らしい。古墳についての話でした。3世紀から7世紀にかけて、日本にたくさん作られてきた古墳。日本一大きい大阪府の堺市にある大仙古墳は南北525メートルもあり、敷地面積はナゴヤドーム12個分もあるそうです。この古墳をつくるのに恐らく15年くらいもかかった。現代で作っても2年6か月。もかかるそうです。古墳にたくさんある埴輪(ハニワ)は計算に入れていない数字なので、実際はもう少しかかるかもしれません。それほど大きなものが建設されていた。平面積では世界最大のお墓です。古墳はカタチのタイプはありますが、同じ形状をしているものがたくさんある。金太郎あめのように同じ。それぞれに個性はあまり感じられない。古墳には個人名を残すものがない。これは他の国と比べると珍しい現象。古墳が絶対的な権力の象徴ではないことを物語っている。

朝活ネットワーク名古屋20190701

大手百貨店にお勤めで、まーけてぃんぐ勉強会@名古屋を主催している中島正博さんに発表していただきました。1960年代 のアメリカでポップアートの先駆者として人気を博した芸術家アンディ・ウォーホル。彼はたくさんの作品を作りました。それでも彼の作品はかつても今も高値で取引されている。それはなぜなのか?マーケティングに詳しく、仕事でも百貨店にお勤めの中島さんに紐解いていただきました。