朝活ネットワーク名古屋20190610

私の農Life、農Future

東北の震災のボランティア活動に参加した松宮さん。陸前高田市のガレキを片付ける作業をします。ガレキの中に洗濯ばさみ、ふでばこがあった。今はもう何にもない、津波で流され、ガレキのある平地。30メートルの津波がやってきた。でもそこには、そこに住む人の日常生活があったんだ。このような状況を見ると「食べ物を作ることができる人は強いな」と感じた。そこから農業に興味を持った松宮さん。野菜を育てることは自然に任せざる得ない。