朝活ネットワーク名古屋20190520

リバウンドなしで健康的にやせる7つのポイント

木下さんは管理栄養士です。トライアスロンも完走される体力のある女性です。本日はトライアスロンをするユニホーム姿で発表してくださいました。やせようと思ったとき、人はやせる方法をさがそうとします。でもそれは間違いだと木下さんは言います。やせるためには自分を認識することです。そのために記録する・書き出すことはとても大切な行動です。体重を計り、記録する。食べたものを記録する。行った運動も記録するといいかもしれない。書くことによって自分のことがよく理解できます。書く行為を続けることで、より自分が認識でき、問題点が理解できます。発見できます。自分の目標を書き出し今の現状を書き出すことで自分と向き合えるのです。