朝活ネットワーク名古屋20190527

引きこもりの人は仕事をしたい。仕事がしたいから来る。NPO法人アウトリーチ代表理事・林日奈さん。もともとコーチをしていた林さん。朝活ネットワーク名古屋では4回目の発表です。世話をしすぎないことを気をつける。できないから世話をされる。自分で動いてもらう。「絶対イヤなことはなんですか?」ということはしっかり聞く。なにかに傷ついて、仕事を続けることができなくなった引きこもりの方々。絶対イヤなことははっきりさせたほうがいい。聞いていたほうがいい。そしてイヤなことはやらないこと。社会復帰するためには感情が波立たないような仕事がよい。まず「行く」ことが大切。

朝活ネットワーク名古屋20190520

木下さんは管理栄養士です。トライアスロンも完走される体力のある女性です。本日はトライアスロンをするユニホーム姿で発表してくださいました。やせようと思ったとき、人はやせる方法をさがそうとします。でもそれは間違いだと木下さんは言います。やせるためには自分を認識することです。そのために記録する・書き出すことはとても大切な行動です。体重を計り、記録する。食べたものを記録する。行った運動も記録するといいかもしれない。書くことによって自分のことがよく理解できます。書く行為を続けることで、より自分が認識でき、問題点が理解できます。発見できます。自分の目標を書き出し今の現状を書き出すことで自分と向き合えるのです。

朝活ネットワーク名古屋20190513

与えることは嬉しい行為!だから自分のエネルギーになる!ジンさんは脳科学に詳しいコーチです。朝活ネットワーク名古屋では6年連続6回目の発表になります。人にとって大切なのは居場所があること。人には所属の欲求があります。人の役に立ちたいという根源的な欲求があります。「ありがとう」と言われるとやる気ホルモンがでます。パワーが湧いてきます。「与えること」は人のために役に立つ行為だから与えれば与えるほどパワーがみなぎってくるのです。