朝活ネットワーク名古屋20190408

レクサス星が丘は「キングオブレクサス」と言われ、年間受注台数は全国で常に1、2を争い、顧客満足度ではダントツの1位の評価を得ています。 なぜ、ここまで評価されるお店になったのか?この奇跡を起こす大きなチカラとなった接客担当マネージャーの 松原千恵子さんにお話いただきました。2014年に出版された「レクサス星が丘の奇跡」そこに松原さんのことが描かれています。高級ブティック銀座和光の名古屋支店長だった松原さん。名古屋支店長だった23年間。全国にある銀座和光の支店の中で23年間。常に売上第1位でした。和光を定年退職され、ヘッドハンティングでレクサス星が丘店に招かれます。今から12年前のこと。イレギュラーなときの対応こそ大切。そのときの対応こそ、人間力が問われる。