朝活ネットワーク名古屋20181008

公的年金を1から勉強しよう

日本の公的年金制度は世代間扶養で世代間での支え合いの理念のもとに作られた。なので年金が納めた額より少なくなるのも仕方がない。年金を支払う人が少なくなれば、年金の支給額も少なくなります。年金の運用も債券や株式で運用され、年率平均3.18%で回っている。これはとても優秀です。公的年金は黒字になっていますが、国庫負担で黒字にしている現実があります。1994年には年金支給開始年齢が60歳から65歳になり、今後も年金支給開始年齢はさらに引き上げはもう避けれないところまで来ています。