「アート」を楽しむと、ビジネスもクリエイティブになる。

日本舞踊という伝統を受け継ぎながら新しいものを創造している生き方がクリエイティブな西川さん。今までの「絵」の歴史をお話しくださいました。当時の権力者や写真の開発・絵画が一般の人にも買うことができるギャラリーができるようになって「絵」、「芸術」は時代に合わせて変化してきた。芸術の価値というものは「受け取り側が決める」。これはいいと思うものに価値がある。人によって価値が変わる。何かと何かを組み合わせれ新しい価値を生み出したりモノを感じ、何かを感じ、価値を見出し、新しいものを思いつくこと。これがクリエイティブ。クリエイティブに生きれば、人生は豊かです。