朝活ネットワーク名古屋20171113

ガラス職人が投資家になった理由

坂田さんは創業180年の会社に勤めるサラリーマンのガラス職人でした。 勤続20年でコツコツと財形貯蓄でお金を貯め、趣味は貯金でした。 突然、病気にかかりサラリーマンとして働くことが難しくなり、「投資家」になりました。