朝活ネットワーク名古屋20161219

Fラン大学出身のサラリーマンが上場企業の部長になった話

野嵜さんは東証1部上場企業であるスポーツ小売業のヒマラヤさんのお客様サービス部の部長です。今回は「計画された偶発性」プランド・ハプン・スタンス理論のお話。偶然のできごとをより良くなるように捉える。または意図的に生み出す。そのためには好奇心、楽観性、持続性、柔軟性、冒険心が大切!