朝活ネットワーク名古屋20161219

野嵜さんは東証1部上場企業であるスポーツ小売業のヒマラヤさんのお客様サービス部の部長です。今回は「計画された偶発性」プランド・ハプン・スタンス理論のお話。偶然のできごとをより良くなるように捉える。または意図的に生み出す。そのためには好奇心、楽観性、持続性、柔軟性、冒険心が大切!

朝活ネットワーク名古屋20161212

岡本さんは毎月ほぼキャンプに行かれるキャンプの達人。現在は在庫管理コンサルタントとして独立され、写真撮影、ウェブサイトを運営する仕事もされ場所に縛られない環境でいつでもキャンプにいける状態をつくられています。今回はそんな岡本さんに発表いただきましたがとても楽しそうにお話しいただきました。岡本さんにとってキャンプは「癒し」だそうです。キャンプは自分で準備して、段取りを組んで、体も動かしてやって行かないといけないので、とても勉強になると思います。岡本さんによれば、アウトドア用品店に行くと「高い」のでホームセンターとダイソーを活用すればテントも含めて「2万円」でキャンプ用品は揃います。

朝活ネットワーク名古屋20161205

加子さんが過去に発表したLTを11個発表していただきました。こんな考え方・気付きがあるのか!と唸ってしまうような発表が多かったです。全部面白かったし、加子さん独自の考え方があり、なるほどと思いました。加子さんは淡々と話されてますが、話している内容はとても考えられていたもので、バライティーに富み、中身がこく、スゴイものでした。加子さんのこのような面白い発想・切り口は「マインドマップ」で着想を得たそうです。