朝活ネットワーク名古屋20160829

片桐さんはゲーム大好き少年で、僕と同じ世代!40代前半です。ゲームウッチからファミコンが少年時代にとても流行っていた世代です。僕はゲームをやっていただけですが、片桐さんはゲームを作りたくなり、ファミリーベーシックという機械を買ってもらい、ゲームの作成を少年時代からやっていました。ゲームの勉強がしたくてトヨタの高専に入り、東京大学に編入されたとのこと。そこでの勉強と研究はとても充実したものだったとのこと!片桐さんの話を聴いていると、自分の興味に正直に進路を選んで進んでいるので、とても楽しそうな感じが伝わってきました。ゲームから「速度」が「品質」になることを感じて最高に速い、高性能の計算機能を持つスーパーコンピューターの道に片桐さんは進みます!

朝活ネットワーク名古屋20160822

サン電子株式会社の事業部門の責任者として管理職の地位にあった田中さん。サラリーマン時代は合理的な考え方で利益第一主義、会社行事にも参加せず、飲み会にもいかない方だったそうです。そこでの自分の考え方を反省し、現在は人の可能性を引き出すコーチングを仕事とされています。折れない心。これはできるのに時間がかかる。すぐにはできない。人は自分に問いかけをしている。一日に7万回問いかけをしているそうです。

朝活ネットワーク名古屋20160808

今回は山口さんの新著「スマホで月8万円を得る方法」にまつわるお話でした。山口さんは月収100万円を稼ぐ起業家として活躍されてきた方です。フリマアプリ「メルカリ」でモノを売る。手作り品をマーケットサイトで売る。アフリエイトのモニター報酬で稼ぐ。写真が好きであれば、その写真を販売するサイトもある。SNSも自分の目的によって自分のビジネスの宣伝ができるツールになる。インターネットは自分の持っているものを販売できたりできる ある一つのインフラです。僕たちのやる気次第で持っているものをお金に換えることができるそのやり方がよくわかりました。山口さん。とても即効性のある役に立つお話をありがとうございます!

朝活ネットワーク名古屋20160801

西川さんは日本舞踊の西川流の四世家元。170年の歴史を持つ西川流なぜここまで歴史があり、続けることができたか?ずっとイノベーションを起こしてきたから。新しいものをいつも創ってきたから!常に新しいものを作らなければ伝統は残らない!西川さんは新しいものを常に意識している。家元としての日本の環境から抜け出したくて4年間のニューヨークでの美大での留学生活。いろんな人種の方がいる。ニューヨーク。日本以外での生活を知ると比較ができる。他を知れば比較ができる。この視点は重要。今の自分も比較ができる。今の自分にあるもの、ないものもわかる。比べることができる。時代に合わせて変わる視点。西川さんの語る「伝統と創造」面白いお話をありがとうございます!