朝活ネットワーク名古屋20160725

なぜ速読は必ず誰でもできると言えるか?

角田さんは元システムエンジニア!借金を返すため投資の勉強を始め、300ページ以上ある課題図書40冊を読まざる得なくなり、速読を学び始めました!角田さんいわく、速読とは・・・「読んで理解から視て理解」に切り替えること!頭の中で読むことを脳が諦める。速読をすることでインプットの量が格段に増える。これはなりたい自分になれる一つの方法です。 自己の実現に活かすことができます!スピード速く本を読み理解できること言うことは自分自身の理解力の向上・情報処理能力を引き上げることに繋がります。なりたい自分になれる!可能性が格段に上がります!