朝活ネットワーク名古屋20160404

「争族」とならないための相続対策

日本人の寿命はだいたい83歳だが健康寿命は男性が70歳・女性が75歳。痴呆症や病気になって寝たきりになってしまえば相続対策をすることは難しくなる。だからそれまでに対策をしておくのがいい。自分の意思をしっかり伝える。相続が「争族」にならないためには、「遺言書」が一番有効!そして、自分の意思・思いを伝えるのは以前朝活でも取り上げた「エンディングノート」が有効!この二つがあればとてもいい。 自分の思いも伝えることができるし、遺産分与もしっかり伝えることができる。この二つがあると相続がスムーズ!