立派な変人たれ!

朝活ネットワーク名古屋20161024

進行役:林一久さん

テーマ:立派な変人たれ!

【内容】世界の山ちゃんの山本重雄会長とは大の仲良しで、山本会長が講演に行かれる際はいつも山本会長と二人でコンビ。山本会長の講演を補佐されてきた林さん。マジックでも山本会長と林さんのコンビは最高のコンビネーションも息もぴったりで、とても面白いコンビマジックでした。

林さんは仕事においても山本会長とビジネスをされてきました。

今回はそんな山本会長のことをプライベートにおいても、ビジネスにおいてもとてもよく知られている林さんにお話いただきます。

今回の朝活は山本会長がお話されることが決まっていました。でもその機会はもう二度ときません。
林さんも山本会長と一緒に朝活に来ていただく予定にもともとなっていました。

一代で現在の「世界の山ちゃんの一大チェーン」を築かれ、名古屋を代表する経営者であった山本重雄会長がいつも言われてきたこと。

「立派な変人たれ!」
どういうことなのか?
山本会長が大切にしてきた想いとは何なのか?
山本会長と林さんはどのようなビジネスをしてきたのか?

マジックについても「簡単で喜ばれる」コミニケーションに役立つネタを皆さんにお伝えします。

山本会長の大事にされてきた想い・考え方・生き方を皆さんで継承していきましょう!

【プロフィール】
はやしかずひさ 昭和37年生まれ 愛知県江南市出身 54歳 長年の広告業界勤務での知識を活かし、2003年 デザイン、企画による広告物制作会社「有限会社コラボレット」を設立 !
「夢を見据え、時代の変化に即応し、お客様とコラボレーションする」「奇をてらう」「常に考える」「使命感を持つ」「笑売は昇売となり勝売となる」をモットーとして現在に至る 有限会社コラボレット 代表取締役 日本コミュニケーション協会認定 中上級マジシャン&コミュニケーションマジックA級認定講師

 

林さんは世界の山ちゃんの山本会長とは20年近くのお付き合いで、いつも山本会長が講演に行かれるときは
山本会長の補佐をされていました。世界の山ちゃんのグランドメニューをはじめ、印刷物を作られている方です。

今回は山本会長がいつも言われていた「立派な変人たれ!」をテーマにお話いただきました。

山本会長は高校卒業され、自衛隊に3年間入ります。
自衛隊にいる間は結構時間があり、本をよく読んでいました。
そこで「福富太郎さんのあなたも1億円ためられる」という本を読み、「金利生活者」になることが目標で
榮太郎・村さ来という居酒屋チェーンで修業した後、昭和56年 新栄に4坪 13席の小さな居酒屋を開業。
そこのお店はけっこうはやり、3年間で1千万円。たまったそうです。

思えば願いは叶う。
3年間。言い続ければかなう。
365日。3年間で1000回を超える。
1000回言えば、叶う。
継続することの大切さ、言うことの大切さを山本会長は言われていたそうです。

成功者から素直に学び、東日本ハウスの創業者の中村功さん
株式会社ヒューマンフォーラムの山路雅明さんの
「ちょっとアホ理論」から学んで

「立派な変人たれ!」というようになったそうです。

経営者として従業員を守る。
明るく、元気に、ちょっと変くらいが一番いい。

学ぶとはまねること。
風来坊の手羽先をまねて、うまくまねできなくて、自分のオリジナルを加えて、幻の手羽先を作り
名古屋から日本全国へ。
香港・台湾・タイへ。
まさにどんどん海外へ進出していった世界の山ちゃん!

素直に学び、正直な人柄!

林さんの話を聴いてとてもそれが伝わってきました。

林さん。ありがとうございます。