ココロとカラダはつながっている! 

朝活ネットワーク名古屋20160711

進行役:坂口雅紀さん(さかぐちまさのり)

テーマ:ココロとカラダはつながっている!~新進気鋭の整体師が語る目からウロコの心と体の不思議!~

【内容】
・「整体」とは ・心身一如について(心と身体の密接な関係について)
・身体の形が心理を表す
・守破離から観る、身体と心(武道やお能の事例)
・日常における手当法のご紹介
・自然の中の大法則をご紹介
坂口さんのお話は密接にココロとカラダがつながっているというものです。病気にも様々な要因があり、独自の解釈でココロについてカラダについて、お話をしてくださいます。
僕たちの知らない話がたくさん出きます。内容はかなり深いです。
僕たちのココロとカラダに役に立つ情報が満載です!
今の自分のココロとカラダについて知りたい方。
健康になりたい方。
健康に自信がない方。
必見の内容です!

【進行役プロフィール】
2006年 CS研究会 主宰 故岡島瑞徳師の直弟子で愛光流氣光整体を主宰する山本清次師の内弟子となる。2014年7月 地元愛知県豊橋市にて独立し愛知愛光流氣光整体の活動を始める。2016年2月 名古屋市覚王山にて愛光流和明館(整体と酸素カプセルのお店)を設立し現在に至る。整体的、愛光流の考える体育教育の活動を行っております。 趣味は、合氣道、能楽、龍笛、クラブミュージック、ラウンジミュージック。

坂口雅紀さんは覚王山で愛光流和明館(整体と酸素カプセルのお店)を経営されています。

今回はまず姿勢と心のつながりの話から肩を開いた状態であれば、胸を張った状態であれば
暗い気持ちにはなりにくい。
逆に前かがみの姿勢をとると暗い気持ちになりやすい。

型にはまると心が変わる。

感情は背骨に表れるそうです。

「能」の世界では自分の感情は一切消して型に埋没し、感情を表現する。

無我、無私の境地。

型があって、型破りが存在する。

指と内臓の関係や、感情が背骨に表れること。

あとはおへそのすぐ横をおさえると心臓の手当てになることなど日常の手当法を教えていただきました。

日常を楽観的に過ごすために、効果があるのは「口角」をあげることだそうです。

坂口さん。
面白く、役に立つ発表をありがとうございます!
日常に活かすことができるお話でした。