今後の日本は果たして大丈夫?

朝活ネットワーク名古屋20160523

進行役:マックスイトウさん

テーマ:今後の日本は果たして大丈夫? 「日本の借金問題」について

【内容】
日本の将来を懸念する内容でよく耳にするのが「今後の経済、取り巻く環境、そして財政問題」とこの3つが多いですよね。 今回は日本の財政問題に焦点を置いてお話ししたいと思います。
少し硬い内容ですが、今後の日本を左右するかもしれない話題です。
解りづらい専門用語を極力抑えて理解しやすい形で「本当のところどうなの?」「借金返せないと日本はどうなるの?」をお話ししたいと思います。

【プロフィール】
株式会社伊東商事 代表取締役
元フィギュアスケート選手。伊藤みどりらとともに代表強化選手として過ごす。海外遠征を経験して学生時代はアメリカで学ぶ。海外での勤務やそこで得たグローバル感覚と留学で専攻したホスピタリティをFPとして応用、現在は投資助言業や経営コンサルタントとして国内外に複数の会社を経営。数百名のクライアントを抱え、セミナー講師としても活躍中。趣味は旅行と筋トレ。

マックスさんは投資助言業や経営コンサルタントとして、国内外に複数の会社を経営され、ファイナンシャルプランナーとして数百人のクライアントを抱えている方です。

消費税は10%に上げるべきか?国の借金は約1000兆円。

正確には国の負債が約1000兆円。
財務省のホームページに政府の資産のバランスシートが掲載されています。

アメリカは政府の負債は2300兆円くらいです。
アメリカの会計検査院のホームページに掲載されています。

説明の仕方がおかしくて政府の借金ではなく負債。

日本の海外純資産は24年連続世界1位の367兆円
純資産は資産-負債

日本銀行は政府の子会社的な存在。
日本銀行は政府の負債である国債を請け負っている。
国債を買って通貨を発行している。
2013年から国債を380兆円も購入し、通貨を発行している。
つまりお金を刷れば破たんしない。
自国通貨建ての国債は破たんしない。

日本は自国通貨建ての国債なので破たんしないことは経済学でも常識。

メディアの知識不足。うまく報道できていない。
なので消費税増税もやむなしという雰囲気が作られている。
日本財政状況は心配するレベルでない。普通である。

私たちが大切にするべきことは

情報を受けとる

真偽を確認する(できれば数字も確認する)

真偽を理解した後に行動する

どうやらアベノミクスは失敗?
モノとサービスが売れないとインフレにならない。
たくさん通貨を発行しましたが
使わないとインフレにならない。

皆さんの将来不安がなくななり、安心してお金を使えること。
これがとても重要だと思います。

経済をもっとうまく運営してほしいですね。
経済は生活に直結しますから!

マックスイトウさん。
むずかしいと思われがちな経済についてのお話を
わかりやすくお話いただいてありがとうございます!