引き寄せの法則!好きなことを言い続けることで「仲間ができた!」

朝活ネットワーク名古屋20160411

進行役:小嶋豊さん

テーマ:引き寄せの法則!好きなことを言い続けることで「仲間ができた!」~友達ゼロからの仲間づくりと起業!・・・地方活性化!仲間と走る夢~

【内容】
中村区に引っ越してきた8年前、地域に知り合いは1人もいませんでした。
終電間際まで仕事して、週末は家族と遊びに行くか、寝るか。
運動会に行っても知り合いはいなくてアウエー感いっぱい。地域に挨拶する人はいない・・
あることがきっかけで、友達があれよあれよというまに増えて、気がつけば地域に友達がいっぱいできました。
そして、今は地域の方々と共に中村区を盛り上げるために「ゆるキャラをつくり」
そして、「加藤清正公を大河ドラマに!」という夢に向かって走っています。
そして、会社をやめて起業までしちゃいました!
「好きなことを言い続けることの大切さ」と「友達0人からの仲間づくり」と、
それが地域活性化・起業につながるまでと、地域活性化に役立つ話をさせていただきます!

【プロフィール】
広告会社勤務を経て、広告だけでなくSNSなど広告以外も含めた最適なコミュニケーションをデザインし企業・商品をプロデュースする「トガル株式会社」を創業。同時に愛知県の地域活性化のため、地方の誇りを取り戻すため戦国武将を活用した観光交流サイト「武将愛」を運営。豊臣小学校前PTA会長/中村区夢づくり実行委員会/中村公園振興会/加藤清正公を大河ドラマに愛知 理事。
「トガル株式会社 togaru.co.jp」「武将愛 busyo-heart.jp」いいねで応援お願いいたします。

小嶋さんは8年前、名古屋市中村区に引っ越しされました。
当時は終電間際まで仕事をして、週末は家族と遊びに行くか、寝るかで、住んでいる地域に友達はいなかった・・・

それが地域の飲み会「おやじの会」に参加し、友達が増えていく。
そして子供たちが通う「豊臣小学校のPTA会長」の就任を依頼され、小嶋さんはPTA会長になります。なってしまいます。

最近、この小学校の役員はなる人がいなくてくじ引きなどで決めたり、大変ですよね。
でも小嶋さんも、悩んだけれど、周りの引き受けてほしい熱い思いと依頼されたのが4月に入ってからで、そのギリギリの状況を察して引き受けました。
実際なってからは大変でいろんな会合に参加しなくてはならず、時間はとられたようです。

でもそれを補って有り余る「いいこと」が起こります!
仲間ができたのです。
自分が「やりたい」と思ったことが実現できたのです。

地盤が弱い中村区、地震が起こったらどうするか?
それに対する対策イベント「防災レク」の実施。

中村区には日本最強の「フットサルチーム」があり、子供たちとのフットサルイベント!
やりたかった「大人のフットサル大会!」

地域活性化のための「中村区のゆるキャラづくり」
小学校から公募し500点の応募!
ゆるキャラ造りのための多額の寄付!
地域の有力者の応援があり、つながりもでき、マスコミ関係者ともつながり、小嶋さんも能動的に「やりたい」と思ったことを取り組んだからこそ、PTA会長として積極的に楽しんで大変で苦労もあったそうですが、職務を全うできたそうです。

今では仲間と共に「加藤清正公を大河ドラマに愛知」の理事
加藤清正・豊臣秀吉は中村区出身。
地域の誇りを取り戻すための戦国武将を活用した観光交流サイト
「武将愛 http://busho-heart.jp/」を運営。
色んなことを地域の方々を巻き込んで運営する楽しみを知った小嶋さんは働いている広告業界の「将来の姿」を見据えて「トガル株式会社 http://togaru.co.jp/」を創業されました!

自分のやりたいことを面白がる人に任せていきながら、仲間を混ぜて化学反応を起こすフラットな組織、地域社会。会社とはまた違うピラミッドな組織でない面白さがありますね。

今回の小嶋さんの発表!
とても共感できました。
小嶋さん。ありがとうございます!

http://togaru.co.jp/
http://busho-heart.jp/

いいね!応援をよろしくお願い致します!