手帳がもう白くならない!未来予約の手帳の書き方

朝活ネットワーク名古屋20160229

進行役:青木千草さん

テーマ:手帳がもう白くならない!未来予約の手帳の書き方

【内容】
手帳がいつも続かない、、、、。
やりたいことがあってもついつい後回し、、、。
旅行に行こうと思っても気がつけば日が迫っていて結果諦める、、、、。
そんなことはありませんか?そんなあなたにお届けする未来を予約する手帳講座です。
手帳が続かないのは書き方を知らないからなのです。
手帳の書き方は学校で習いませんし、誰も教えてくれません。
手帳歴20年の講師が自身の経験から一番効果のあったやり方で「見えない時間を捕まえる方法」をお伝えしていきます。
自分の未来に興味のない人はいません。
今回は手帳実践編です。思うように予定を入れられる自分になる為に実際に1週間の手帳の書き方を体感してみましょう。
書くことで今まで何気なく使っていた「時間の視覚化」をすることが出来ます。手帳の使い方を変えて、ワクワクする未来の予約の仕方を学んでみませんか。
今まで受講した方の中には、 ・手帳持たない ・カレンダーで充分 ・携帯のグーグルカレンダーのみ そんな方でも受講後、手帳を書きたくなる方が続出です。
当日は実際に書き込める手帳の中身をプレゼントさせていただきます。
名古屋の皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

【プロフィール】
手帳ライフコーディネーター 青木千草 手帳歴20年。高校生の時から手帳を持ち歩く筋金入りの手帳マニア。ヨガ講師でもあり、ヨガスタジオCITTA 代表。 市販の手帳では満足出来ず、自分の思う理想の手帳「やりたい事を叶えるCITTA手帳」を考案し2013年に発売する。 8年ほど前のある日、手帳が書ける日と書けない日のギャップがあることに気づく。 ぶれないマインドを持つのがヨガを する人であるのに手帳が書けない自分はどうなのか?と猛省する。 ヨガで培った強いマインドを手帳に活かせるはず!と手帳の使い方を変えてみたところ、激的に早いスピーで、やりたい事が叶うように。 自らの体験談を踏まえた「CITTA式 夢を叶える手帳講座」が世間で評判となる。 他にはないヨガ的視点から見た手帳術とともに、自分らしく生きるヒントを講座で伝える手帳ライフコーディネーターとして活躍中。

青木さんの考案した「CITTA手帳」。
私はすごく使いやすく、自分のタメになる手帳だと思いました。
ワクワクリストが毎月書くページがあるし、24時間どのように使ったか。使いたいかが視覚化できます。

青木さんいわく、「手帳はまず、自分がやりたいことを書く!」

自分のやらなければいけない予定ばかり先に書いてしまうから、手帳を書くことが、面白くないので続かない。

自分のやりたいこと、わくわくすること、を書くのは楽しい。
だから楽しいことを書けば続くのだと。

手帳は「あなたの未来を予約する!」
そのためにある!

何をしていたかわからない時間=グレー時間
もったいないですよね。

自分の時間はいつまであるかわからない。
だからこそ、大切にしたい。

青木さんいわく、自分のやりたいことを手帳に書き、日付を入れる。
日付を入れてしまえば9割叶うと言います。
決められないから叶わない。
決めてしまえば叶う。

毎週、自分と向き合う。
毎週「自分ミーティング」の時間を2時間取る。
「手帳タイム」です。

これだけで自分の時間の生産性がかなり向上します。

来週と再来週の2週間分の予定は常に書く。
やりたいことを決めておくと・・・
予定が決まっているので「断る」こともできる。

僕もいい手帳がないので、自分でルーズリーフを買い、線を引っ張り、自分で手帳を作っていましたが、大変なので、これからは「CITTA手帳」を使うことにしました。

青木さんから頂いた参加者特典の「CITTA手帳の中身」素晴らしいです。

青木さんの手帳に対する「想い」も十分に伝わりました。
ありがとうございます!

手帳が自分のマネージャーとなるようにしっかり使います。