タブレット端末で楽しく絵を描こう!

朝活ネットワーク名古屋20160111

進行役: エンド譲さん

【内容】
絵を描くことはお好きですか? 「描いてみたいけど、道具やらなんやら揃えるのが面倒で・・・。」 なんて方もお見えでしょう。
そんな方には、タブレット端末でのお絵描きはいかがでしょう? チューブの絵の具も水も使わないので手も服も汚れません。 外出先でサクッとスケッチなども楽しめます。
最近のタブレット端末には、手軽に絵を描ける様々なアプリが充実しています。 目的に応じたアプリを使いこなせば、普段の文章メモにアイコンを加えたり、 SNSなどで写真の代わりに画像を添えたり、友達の似顔絵を描いてプレゼントしたり、 Lineスタンプなどを作成したり・・・ 文字とはまた違った自己表現が可能になります。
朝活なごや登場2度目の今回は、iPadの幾つかの描画アプリのデモンストレーションを軸に、 タブレット端末での、基本的なデジタル描画のプロセスをご紹介します。
タブレットを持っていない方もエンドさんの描画アプリを使ったデモンストレーションを見るだけでも楽しめる内容です。
紹介予定アプリ Paper/彩色えんぴつ/Procreate/SketchBook/ArtRage /Adobe Draw/Adobe Line/Adobe Sketch/Zen Brush/etc.

【プロフィール】
イラストレーター・デザイナー ●岐阜県出身名古屋在住 ●広告デザイン事務所・イラストレーション制作会社を経て、個人事務所「ENDLAND」設立。 基本はBtoBスタイルで、広告・エディトリアル・プロダクト・アーキテクト・映像などの分野 にて、幅広い企業にイラストレーションとグラフィックデザインを提供中。 ●名古屋造形大学非常勤講師・名古屋総合デザイン専門学校非常勤講師・名古屋イラストレー ターズクラブ(NIC)会員。 近年は、ITスキルを活かした、クリエイティブビジネスワークフローを研究中。
個人サイト:www.endland.net
オフィスサイト:www.endland.net
facebookページ:ENDLAND Design & Illustration
facebookページ:「イラストレーションの話をしよう!」

エンドさんはイラストレーターです。
プロのイラストレーターであるエンドさんが、私たちの目の前でIPADを使って、リアルに絵を描いてくださいました!

IPADで絵が描けるなんて、僕は知りませんでした。
これなら道具がなくても、簡単に絵を描ける。
アプリを使えば、絵心のない僕でもソコソコの絵が描けそうだ!
スゴイ!と思いました。
デジタル描画のスゴイところは何度でも簡単に描き直しができるところ。

今回ご紹介いただいたアプリは、Procreate、Adobe Drawの二つです。
スケッチ風の描くとかキャラクター風に描くとか、自分の描きたいように色んな風に描くことができます。
アプリを使うのも馴れ。馴れ親しんでアプリを使えるようになれば絵を描ける。
まずはエンドさんからご紹介いただいたアプリを使って、絵を描いてみよう!そう思いました。
エンドさん。今回は目の前でリアルに惜しげもなく、絵の描き方を教えていただき、誠にありがとうございます!
デジタル描画のスゴサを知ることができました。感心しきりの朝活でした!