関係を育てる」~心通うコミュニケ―ション~

朝活ネットワーク名古屋20151221

進行役:鈴木佐衛子さん

【内容】
あなたはあなたの周りの人と、どんな関係を望みますか? どんな関係を築いていきたいですか?
自己欲求を明確にし、整理することでコミュニケーションの方法を選択し、自立を促し、信頼と尊敬の関係を築く。大切な人と心通う関係を築きながら生きる豊かな時間は、人生を何倍にも味わい深いものにしてくれていると感じています。
コミュニケーションのスキルはトレーニングで身につけることができます。朝活ではその一部を体験していただき、このスキルを携えて生きる大人が増えていくことで、大人も子どもも生きやすい社会になっていくことが私の願いです。
この世の中に、コミュニケーションスキルは様々なものがあります。私が出会ったのはトーマス・ゴードン博士が考えたコミュニケーションスキルです。私はこのスキルを学ぶことで娘との関係や周りの人との関係がうまくいくようになりました。
今年最後の「朝活」です。大切な人との関係を築き育てて、新しい一年を豊かな時間にするヒントに。

【プロフィール】
東京江戸川区出身東京オリンピック閉会式の日に生まれる
22、16、15歳の三姉妹の母。夫の実家、大府市に移り住んで19年。長女思春期の真っただ中にゴードン・モデルと出会う。長女や夫と溝が深まっていくことに危機感を持ち、大府に暮らしてからの専業主婦生活や親戚など、あまたの人間関係に苦痛を感じていたところに光を見た感覚をより確かなものにしたいとコミュニケーションスキルを本格的に勉強する。現在、イーブルなごやにて活動する親業(おやぎょう)コミュニケーション研究会に籍を置き、幼・保育園、小中学校などの家庭教育学級講師、児童厚生委員研修など子育て支援講座講師、コミュニケーションの講座を大府・東浦、知多半島一円にて開催活動中。
http://ameblo.jp/sae12121234
https://www.facebook.com/scarlett.saeko.suzuki

鈴木さんは親業訓練協会のインストラクター。
トーマス・ゴードン博士が考えたコミュニケーションスキルを学ばれ、娘さんとの関係や周りの人との関係がうまくいくようになったそうです。

「答えはその人の中にある。」
話を聴くと私たちはその人の話に対して、質問したり、命令したり、分析したり、色々、反応してしまいます。
それを言いかえたり、繰り返したり、気持ちをくんだり、色んな聴き方ができる。
コミュニケーションの方法は選ぶことができる。
子供の話なんて特にまとまっていないし、子供は話しているうちに内容が整理されてきたりするので、話しやすいように気持ちをくんであげることも大切。
こちらがうまく聴いていると「相手が考えて答えに気付いていく。」
自分の本心を伝えることも大切。
日々のコミュニケーションは感受性の訓練であり、私を語ることもできるし、コミュニケーションの方法を選ぶことで、どんどんその後の関係も変わってくる。
鈴木さんとても勉強になるお話をありがとうございます!
鈴木さんはセミナーを開催されていますので
興味のある方は下記ホームページをご覧ください。
http://saeko-oyagyo.jimdo.com/